LINX新川崎ICカード(LXカード)利用規約

(目的)

第1条

 LINX新川崎(以下「当練習場」という)において発行するICカード(以下「LXカード」という)については、本規約に則り取り扱うものとし、利用者は本規約に従って利用するものとします。利用者がLXカードを使用する場合、本規約とともに当練習場の施設利用約款等の規程が適用されることを予め了承するものとします。

(種別)

第2条

本練習場が発行するLXカードの種別は次の通りとします。

  • (1) メンバーカード(記名式)
  • (2) ビジターカード(無記名式)

(登録)

第3条

 メンバーカードの利用にあたっては、利用者本人が、所定の申込用紙に必要事項を記入し、登録するものとします。

(カードの発行)

第4条

 メンバーカードの発行は、申込者1名につき1枚を登録の申込と同時に発行し、申込者は当該カードの署名欄に署名するものとします。

 ビジターカードの発行は、申込用紙の記入をする必要はありません。

 LXカードは利用者本人のみ利用できるものとし、他人に譲渡、貸与又は、質入れ等の担保に供することはできません。

 前3項に反してLXカードが不正使用された場合、そのために生じる一切の損害については利用者がその責任を負うものとします。

(個人情報の取扱い)

第5条

 メンバーカードの登録に際して知り得た個人情報は、当練習場のサービスの提供にあたり、以下に定める目的の範囲内で取得、利用するとともに、「個人情報保護方針」に則り適切に管理します。

  • (1) メンバーカードの発行、再発行時の申込内容の確認、照会
  • (2) 当練習場から利用者に連絡する必要がある場合の連絡先の確認
  • (3) 本規約および当練習場の施設利用約款の定めに基づくサービスの提供
  • (4) 当練習場のニュースその他有用な情報の提供

(入金チャージ等)

第6条

 LXカードは当練習場内の入金機及びフロントにて、予め所定の金額単位でチャージ(入金)することにより、繰り返し利用することができます。

 チャージ残額については、入金機、打席スタンド及びフロントで確認することができます。

 LXカードのチャージ残額は、いかなる場合にも返金いたしません。

 入金機の使用時間外、当練習場におけるシステム上の理由があるとき、又はLXカードの破損、停電、天災地変、その他やむを得ない事由があるときはチャージできません。なお、当練習場はチャージできなかったことによる不利益又は損害等について、一切責任を負いません。

(利用の停止、利用資格の喪失)

第7条

 利用者が本規約に違反した場合もしくは違反する恐れのある場合、又はその他LXカードの利用状況が不適切であると当練習場が判断した場合、当練習場は利用者へ通知することなく、LXカードの利用を停止する措置をとることができます。

 前項の場合、当練習場は何らの通知、催告を要せずしてLXカードの利用資格を喪失させ、かつLXカードを無効とすることができるものとします。この場合、利用者は当練習場に直ちにLXカードの返却を行うものとします。

(紛失・盗難・破損等)

第8条

 メンバーカードの利用者は紛失・盗難・破損等によりLXカードの占有を失った場合、速やかに当練習場フロントに届出のうえ、所定の使用停止の手続きを行ってください。

 当練習場は、メンバーカードの使用停止措置が完了する前に、第三者により使用されたこと等による利用者の不利益又は損害等につき、一切責任を負わないものとします。

 ビジターカードの利用者が紛失・盗難等によりLXカードの占有を失った場合、当練習場は利用者の不利益又は損害等につき、一切責任を負わないものとします。

 当練習場は、LXカードの破損、電磁的影響その他の事由による残高情報の破損又は消失による利用者の不利益又は損害等につき、一切責任を負わないものとします。

(再発行)

第9条

 メンバーカードを紛失し、又は盗難、破損、その他やむを得ない事由により利用者から再発行の申し出があり、次の各号の条件を満たす場合は、メンバーカードを再発行するものとします。なお、再発行にあたり、従前のメンバーカードは無効となります。

  • (1) 所定の申込用紙を再提出し、かつ、公的証明書を提示することにより、従前のメンバーカードに登録された本人であることが確認できること。
  • (2) 再発行を希望する利用者の氏名、生年月日、性別等の情報が当練習場に登録されていること。

 前項により、メンバーカードの再発行をする場合、所定の再発行手数料を現金で申し受けます。

 第7条第2項の規定により無効となったメンバーカードについては、再発行の請求及び利用はできません。

 メンバーカードを再発行する場合で、次の各号の場合には、残高をチャージすることとします。

  • (1) 従前のメンバーカードが回収された場合、当練習場の保有する当該カード情報の未使用残高の額
  • (2) 第8条第1項により、メンバーカードが回収されることなく使用停止の措置が採られた場合、当練習場が保有する当該カード情報の未使用残高の額

(失効)

第10条

 利用者が当練習場においてLXカードを最後に使用した日を起算日として、LXカードの使用が1年間なかった場合には、自動的にLXカードの未使用残高及びチャージ回数は失効(チャージ残額”0”)します。

(登録事項の変更)

第11条

 メンバーカードの利用者は、住所、氏名、電話番号等、登録の際の届出事項に変更が生じた場合は、速やかに当練習場へ連絡するものとします。なお、届出事項変更の連絡がない場合は、当練習場はメンバーカードの利用を停止することがあります。

(規約の改定)

第12条

 本規約は、予告なく変更、改定又は廃止する場合があります。

 当練習場は営業上の都合や障害の発生により、本規約に定めるサービスの提供を予告なく一時的に中断することがあります。

 前二項の場合において、当練習場は一切の責任を負いません。

以 上

2019年2月1日制定